上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長いこと冬眠中ですが、
あらためてここでお知らせします。

現在、仕事がハードで執筆の日程がとれないのと、
過去の音源整理に集中しているため、
しばらくこちらには戻ってこれなさそうですorz
終わるのは早くて春頃の気配。。

誠に申し訳ございませんが、ご了承ください。


気が向いたら冬眠中でもごそごそ起きだして
レビューを書くかもしれませんので、よろしくです。

また戻ってきます。
しばしお待ちを!
スポンサーサイト

【2008/02/21 07:25】 | 雑記
トラックバック(0) |
このお方・このアルバムを語らずしてジャズは語れない。

●My Funny Valentine / Miles Davis
評価:★★★★★


My Funny ValentineMy Funny Valentine
Miles Davis

Sony Jazz 2005-02-01
売り上げランキング : 4286
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何もいわずに浸ってほしい。
ジャズの神様の頂点の一枚として名高い大傑作
全編に渡る泣きのバラード・渾身のトランペットが聞き所。

脇を固める他の演奏者も凄腕プレイヤーばかり。
何も言わずにしっとりとしたこの世界にひたってほしいです。

まずはタイトル曲にノックアウトされるべし


追記を閉じる▲

【2008/01/03 00:44】 | ジャズ
トラックバック(0) |
最初は地味、後からじわり効いてくる
ジャズ系アルバムの良作。

●Creating Patterns / 4hero
評価:★★★★☆


Creating PatternsCreating Patterns
4hero

Talkin Loud 2006-08-14
売り上げランキング : 57700

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



心地良い調べ、寝る前にもうってつけ。
UKのドラムンベース職人のアルバムではありますが、
むしろアンビエント?クラブジャズとして聴くと
心地いいかもしれません。
最近のよりジャズに近いアプローチの種は、
すでにこの頃より蒔かれていたと思わされる内容。

疾走感はさしてないため、
初めのうちはどうしても地味に感じてしまうかもしれません。
しかし豊潤なメロディーと遊び・余裕のあるプレイに、
一度ハマると病み付きになりますよ。

大人のための一枚。


追記を閉じる▲

【2008/01/03 00:38】 | ドラムンベース
トラックバック(0) |
ジャケットはポップ。
でも中身はサイケ。

●永劫回帰 / Unartmar
評価:★★★★☆


永劫回帰永劫回帰
UBAR TMAR

インディーズ・メーカー 2005-08-26
売り上げランキング : 149790

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



はまると抜け出せない。
理系の先生が描く、サイケなトランス入門者のための
不思議な不思議な音世界。

ポップなジャケットだけど、
内容は心底骨太のサイケデリックトランス

「ソーラン節」をパワフルなダンスに仕立てたり、
アレンジも打ち込みも一級品。


妖しい世界に飛ばされるがいい…。


追記を閉じる▲

【2008/01/01 21:21】 | トランス
トラックバック(0) |
超久しぶりに復活。
お仕事が実にきつかった…。

正月休みを利用して、こっそり更新してます。
さて、今年もいい音楽が聴けますように…。


このアルバムを偶然図書館から借りた時から、
今の雑食が始まった…。

●Animals / Pink Floyd
評価:★★★★☆


AnimalsAnimals
Pink Floyd

Columbia 2000-04-25
売り上げランキング : 28863
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



メロウなギター、ゆるくどこか物悲しい展開。
いまだに気付けば聞いている一枚。
私がプログレにハマるきっかけとなった一枚。
そして個人的に、Floydで一番好みで一番良く聴いている一枚。

売上的にはイマイチでも、
人間を動物になぞらえたコンセプトのこのアルバム、
メロディーも展開も現在のUKロックに通じる
適度なメランコリックさと美しさと力強さをもつ、
彼ら流のハードロックな濃い内容です。

大曲「Dogs」を初めとして、メロウなギターが良いんですよ。
独特の陰欝さと皮肉も、ハマると抜けられなくなります。


追記を閉じる▲

【2008/01/01 21:01】 | プログレ
トラックバック(0) |
そのシンフォニック度とキーボード
ヘタしたらEL&P以上かも?

●Nimbus / Cast
評価:★★★★★


NimbusNimbus
Cast

Musea
売り上げランキング : 508200
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



現代プログレの傑作の一つにあげられそうな一枚。
ホント、凄いんだ。

メキシコのベテランバンドの傑作アルバム。2005年作。
驚くほどシンフォニックかつメロディアスで、
きわめて聞きやすいアルバムです。
間断なく流れるたおやかながらも力強い調べは
高次元のプログレでありつつ、誰もが楽しめるサウンド。

短い曲もプログレらしい大曲もあり、
聞いていて飽きない展開を持ち合わせております。

フルートや泣きの入ったギターをはじめ、演奏力も確か。
中南米、レベル高いです!


追記を閉じる▲

【2007/10/27 11:50】 | プログレ
トラックバック(0) |
ゆるやかに、しかしじっくりと深く

●Protection / Massive Attack
評価:★★★★☆


ProtectionProtection
Massive Attack

Virgin 1995-01-24
売り上げランキング : 56871
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



自分自身と向き合うかのような感覚。

UKテクノ界の大御所の手による、
UKテクノを代表する名盤の一つ。
レゲエとHip-Hopとテクノを足して割ったような、
静かで力強いビートが素敵な一品。

聞く人を選ぶ深海のように深い音楽性ですが、
“癒し”を求める方や
緩やかなBGMを求める方にフィットするかも。

雨が降るような静かな展開にしっとり浸り、
哀愁漂うけだるい女性ヴォーカルに心を安らげるべし。

オススメはタイトル曲「Protection」
圧倒的な、
ディープでドープな世界を感じ取ってみてください。


追記を閉じる▲

【2007/10/26 00:06】 | テクノ
トラックバック(0) |

かおもじ やっと持ってるのが出た。
このアルバムではヒートマイザーが特に好きです(*´∀`)

のねずみ 雨の日や気分を鎮めたい時にとっても落ち着いて聞けて、
なかなかしっとり浸れて大好きですね。

良いアルバムです。

コメントを閉じる▲
世に埋もれていることが余りにも惜しい一枚。

●Barren Dream / Mr.Sirius
評価:★★★★★


BARREN DREAM(紙ジャケット仕様)BARREN DREAM(紙ジャケット仕様)
ミスター・シリウス

インディペンデントレーベル 2006-10-25
売り上げランキング : 54352
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ホント尋常じゃない完成度。

以前レビューした2ndアルバム「Dirge」
ダイナミックな動きに富んだ傑作だとすると、
こちらはひっそりと静かに佇む隠れた名作。

変幻自在なメロディーを奏でるフルート(現在傘屋さん)と
永井さんのこれまた変化に満ち溢れたヴォーカル
このアルバムで中核を成してます。
特に、永井さんの充実ぶりはびっくりするほど。
ゲスト陣も、ギターにKENSOの清水さんを迎えるなど、
関西プログレ勢の精鋭がズラリ。

そのたおやかで繊細で美しい展開は間違いなく世界最高峰!
20年前の作品とはまったく思えません。
2ndアルバムともども、なぜこんな傑作が埋もれているのか、
日本の音楽界には疑問ばかり浮かびます。

おそらくじきに、こちらも廃盤になってしまうでしょう。
今のうちに購入して圧倒されてみてください。


追記を閉じる▲

【2007/10/25 23:56】 | プログレ
トラックバック(0) |
物凄いバランスのダンスアルバム。

●Cross / Justice
評価:★★★★☆


CrossCross
Justice

WEA/Because 2007-07-10
売り上げランキング : 42416

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ノイジー
されどポップ!


Daft Punkが好きなら是非!
たまーにこういう変人さんが出るのがフランスの魅力。

音圧をかけまくって
歪みに歪んだノイジーなサウンドが特徴。
しかも、ローファイで雑然として捻くれた、
ともすれば音響系のような破天荒さを持っています。
(むしろほとんど実験音楽!)
だけど、どポップなメロディー
すべてを押し流してしまうかのよう。

強烈なディスコミュージック!
かなり疲れるけど、聴きごたえのある一枚。


追記を閉じる▲

【2007/10/25 23:44】 | ダンスポップ
トラックバック(0) |

かおもじ レコ屋でかかってるのを聴いたのはかっこよかったんですが、ダフトパンクやケミカル兄弟やプロディジーがあまり好きでない僕でもいけるでしょうか…?

のねずみ ダフトパンクをノイジーにしたようなタイプ、
別物とはいえやはりテクノ系なので
そのあたりを考慮するとしんどいかもしれませんね。

エレクトロニカとテクノの狭間にあるような音なので、微妙では有りますが、
案外OKかもしれません。

コメントを閉じる▲
メタル回帰。
でも。でも。でも。

●魔王戴天 / 陰陽座
評価:★★★★☆


魔王戴天(まおうたいてん)魔王戴天(まおうたいてん)
陰陽座 瞬火

キング 2007-07-25
売り上げランキング : 2362
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今後の方向性とアレンジ力に疑問符あり。

物足りなかった前作の反動か、
一気に開き直ったかのように
これまでで最も"メタル"で激しいアルバム。
ざっと聞いて、まずはホッといたしましたよ。

黒猫さんも瞬火さんも歌唱力に磨きがかかり、
掛け合いも素晴らしいものとなっております。

重厚で金属臭漂う音に、
取っ掛かりもメロディーも綺麗で、
聞きやすくていいかと。

ここまではいいんだけど…、
どの楽曲も意外にパターンが似通っていて、
なんだか目新しい音じゃない。
そこが最大の弱点。
ズバ抜けたキラーチューンが見当たらず、
散漫な印象を受けてしまいました。

おっそろしくもったいない一枚だなぁ、と。
次回作の路線はどうなるんだろう??


追記を閉じる▲

【2007/10/25 23:39】 | メタル
トラックバック(0) |
物凄く、物凄く、濃い一枚。
繰り返し音楽の極北。

●The Sinking Of The Titanic / Gavin Bryars
評価:★★★★★


The Sinking of the Titanic/The Sinking of the Titanic/
Gavin Bryars

Venture 1997-10-20
売り上げランキング : 1456

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



そこまでするか!?と言わんばかりの延々ループ
それに伴うフシギな悲しさが強烈。

究極のミニマルにして、
現代音楽の一つの究みのようなアルバム。

タイタニック号沈没の際に
演奏されていたとする曲の延々ループと
浮浪者の鼻歌+オーケストラを延々ループ。

免疫がない人は、
程度の差はあれど
確実に衝撃を受けるアルバムでしょう。


ひたすら反復反復で
しんどくなる人も多数いる筈ですが、
しっとりじっくりBGMとして流したい時や
物悲しくなりたい時にうってつけ。


追記を閉じる▲

【2007/10/25 23:23】 | 現代音楽
トラックバック(0) |
テクノのお手本とも言えそうな、
とにかく真面目で完成度の高い内容。

●Vitamin / 電気グルーヴ
評価:★★★★★


VITAMINVITAMIN
電気グルーヴ 石野卓球 ピエール瀧

キューンレコード 1993-12-01
売り上げランキング : 12154
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テクノって…奥が深いよ。

電気グルーヴの“本気テクノ”な一枚。
その完成度の高さはホントに恐ろしい。

ネタ曲もあるにはあるけど、
真面目なテクノのインスト曲の割合が多く、
ぶっ通しで聞いていても飽きない内容です。

シングルカットされた「虹」「カメライフ」を筆頭に、
まりん・卓球の充実した打ち込みが隅々まで響き渡り、
カラダが勝手に動いてしまいます。

重すぎず軽すぎず、これはオススメ!


追記を閉じる▲

【2007/10/25 23:18】 | テクノ
トラックバック(0) |

かおもじ うぉー!復活してるー!
おめでとうございますー!これから毎日来ますね~(^ー^)ノ
テクノってあんまり詳しく書いたサイトがなくてなかなか入りづらくて、ついついポストロックとかエレクトロニカとか情報が入りやすいところにいっちゃうんですよね。エレクトロニカは思いっきり広げれば広義のテクノの範疇かもしれませんけどね。
取りあえず、ここからテクノに入ってみましょうかねぇ。

のねずみ 再びこっそり更新してみました。
とりあえずテクノの土壌は本当に広いですからねー。
オススメはやはり電気グルーヴやUnderworldあたりからでしょうか。
どっぷりとはまってみてください。

コメントを閉じる▲
久々の超辛口レビュー。
…あくまで、あくまで、個人的意見ということでご容赦を。

●Revolver / Oom
評価:★☆☆☆☆


REVOLVER(DVD付)REVOLVER(DVD付)
OOM

インディーズ・メーカー 2005-11-09
売り上げランキング : 104103
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



突っ込みどころが多すぎて、もうどうすればいいのかと!!
多分、これまで聞いたアルバムの中でもワースト5に入りそうな一枚。
とにもかくにも歌が下手すぎる…!

結論から言うと「退屈」の一言でした…。
どの曲も似たり寄ったりの、のっぺりした曲調
そして致命的なヌケの悪いヴォーカル

音の構成自体はちょいハードロックで、
出だしは好印象だったのですが、
聞いている内にどんどん眠くなってくる……。


ああ、ギブアップ…。


追記を閉じる▲

【2007/10/25 22:58】 | ロック
トラックバック(0) |
Moonchild
しかしねえ、なんだろうこの地味さ具合

●Script Is Here / Script
評価:★★★★☆


SCRIPT IS HERESCRIPT IS HERE
SCRIPT 井上鑑 堤秀樹

キティMME 2001-01-24
売り上げランキング : 69114
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



完成度は高いのに!!

Moonchildの二人によるバンドのメジャー1stアルバム。
相変わらずブルージーさと格好良さを持ち、
聞いていてなぜかスカッとします。

1曲目の「Full Metal Pain」から
バラードあり激しいロックあり、と
多彩な内容となってます。
Moonchild時代と比べても音が深くなった気がいたします。

非常にマイナーな存在ですが、完成度は相当高い!
これはオススメだ。


追記を閉じる▲

【2007/10/25 22:52】 | ロック
トラックバック(0) |
(音楽分布図的な)辺境の地を侮ってはいけない。
こんな傑作が見つかるんだから、ホント面白い。

●New Faust / Little Tragedies
評価:★★★★★


New FaustNew Faust
Little Tragedies

Musea 2006-07-28
売り上げランキング : 316856
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



こんなシンフォニックでパワフルで豪華で、
とにかく凄いバンドがロシアに存在した!

ロシアの超強力プログレバンド。
暴れまくりの凄まじいキーボード
EL&P以上じゃなかろうか。

時折入るロシア語の怪しいヴォーカル
これはこれで意外に雰囲気とマッチしていて
中々のもの(意味は分からないけど…)

2枚組で10分以上の大曲も数多く収録された
とても濃いアルバムですが、
最初から最後まで
ぶっ通しで聴くことをおすすめいたします。

ゴージャスな大曲もさることながら、
たおやかで静かな小品の完成度も恐ろしく高く、
ハンパじゃない才能を見せ付けています。


ロシアすげぇ!


追記を閉じる▲

【2007/10/25 22:16】 | プログレ
トラックバック(0) |
久方ぶりに戻ってまいりました…。
今まで、たまりにたまっていた音源を片っ端から整理していたので
全くこちらに力を割くことが出来ず…、
タイヘン失礼いたしました。

実はまだ整理途上なのですが、
ある程度道筋が見えたので、
リハビリがてら少しずつまたレビューしてまいります。

どうぞ、生暖かい目で見守ってやってください(;´ω`)


さて。
一発目から音楽…じゃなくて落語
クラシックでモダンな名人芸。
でも、耳に心地良いという点では音楽に通じるものがある!

●枝雀落語大全(1) / 桂 枝雀
評価:★★★★★


枝雀落語大全(1)枝雀落語大全(1)
桂枝雀

EMIミュージック・ジャパン 2000-04-26
売り上げランキング : 2729
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



これを聞いて笑わない人はいるのでしょうか。
脱帽です。
これぞ職人芸
そしてオーバーアクション(;´ω`)

ネタの玉手箱、淀みない流れと楽しい語り口で、
マクラからサゲまで、ジェットコースターのような
ノンストップの笑いの世界へ連れ去られます。

どちらもお金が絡んでくるお話ですが、
共に途中から破天荒に壊れていく展開が、
もうおかしくておかしくて。

「高津の富」の、
「…ウソじゃありゃせん、ほんまじゃで」
のくだりが大好きです(;´ω`)

電車の中で聞いて思わずにやにやしてしまう、
そんな一枚。


追記を閉じる▲

【2007/10/25 22:08】 | ジャンル不明
トラックバック(0) |
バカにしちゃいけないギターデュオ。

●Let's Go!!! / Depapepe
評価:★★★★☆

Let's Go!!!Let's Go!!!
DEPAPEPE TAICHI NAKAMURA

SE 2005-05-18
売り上げランキング : 12478
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ていうか、凄いです。
歌ナシでここまで表情豊かなアルバムも珍しい。
至高のギターデュオ、
最良のアコースティックミュージックの一つ。

ほとんどアコギだけ、歌なし。
でもこんなに表情豊かで爽やかで、
ギター好きにはたまらない一枚ですね。

カジュアルで自由奔放で、
こんなポップで面白い音が世の中にはある。


爽やかなアルバム!


追記を閉じる▲

【2007/08/31 00:57】 | ポップス
トラックバック(0) |

かおもじ どうも。KENさんのコメント欄から辿ってきました。「雑食」って言葉に魅かれて。

デパペペいいっすよねぇ!
僕は『激情メランコリック』が一番好きで、『this way』がその次くらいに好きです。『ありがとう。』も好きで悩みますけど。

のねずみ >かおもじさん
レスが本当に遅くなってしまって申し訳ないです。。

いやー、偏ったジャンルだけレビューするのもつまらないな、と思ったのが
当ブログの公開理由ですので、ありがたい限りです。

しかしデパペペって聞けば聞くほど奥が深いですね。
音楽性の深さがスルメのようで…、
個人的にはどれが一番とは決めづらいです(;´∀`)
そこが素晴らしいですね!

コメントを閉じる▲
つくづく日本という国は狭くて広いと思います。

●須賀田 礒太郎:交響的序曲 …指揮:小松 一彦 演奏:神奈川フィルハーモニー管弦楽団
評価:★★★★☆

須賀田礒太郎:交響的序曲須賀田礒太郎:交響的序曲
小松一彦

アイヴィ 2007-07-01
売り上げランキング : 7138
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



こんな驚異的な現代音楽があるんだから、
凄いとしか言いようが無い…。
かのシベリウスにも絶賛された幻の作曲家。

こんな作曲家が埋もれているのだから、
日本という国は本当に侮れない。
そして、毎回勿体無いと思う次第。
そんな作曲家を見つけ、CD化したナクソスに拍手。

ベースは間違いなく、雅楽を始めとした日本の伝統音楽。
そしてオーケストラ。
日本の伝統音楽と静養の管弦楽の融合といえば
黛 敏郎を連想させますが、
それよりもダイナミックでロマンチスト
変化と起伏に富んだ内容となってます。

なんかもう、
とても戦中・戦後直後の作品とは思えないほど
ポップでダイナミックで聞きやすくて。


侮れません、日本の作曲家。


追記を閉じる▲

【2007/08/31 00:46】 | 現代音楽
トラックバック(0) |
えらく勿体無い音と展開…だと思う。
でも、正直あまり好きになれない。

●Scenario IV, Dread Dreams / Sigh
評価:★★★☆☆

Scenario IV: Dread DreamsScenario IV: Dread Dreams
Sigh

Cacophonous 1999-02-22
売り上げランキング : 584593

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



日本製の、プログレとブラックメタルの融合的な一枚。
シンフォニックなメロディーと展開
そしてしっかりデス声
妖しいといえば十分妖しいし、
日本のバンドでここまで突き抜けたのも中々凄いけど、
メロディーもわかりやすく、意外にすんなり聞ける

本格派の和製ブラックメタル。
実にいい響きです(笑)


ただ、ところどころ電車が急停車するように
リズムがもたつくのが
個人的には非常に気になって仕方ありませんでした。

もう一歩スパイスと演奏力が欲しかったです…。


追記を閉じる▲

【2007/08/25 01:22】 | メタル
トラックバック(0) |

KEN SIGHなら、最新アルバムは、かなりシンフォニックに、アグレッシッブに仕上がってますよ↑
何気にSIGHのアルバムは、手に入れにくいのです・・・・(´ヘ`;)

のねずみ >KENさん
レスが物凄く遅くなってしまって申し訳ないです。
むむ、最新アルバムは上質、と。
それはもう是非とも聞かなければ!

確かにSighのアルバムは入手しづらいですね~。
ディスクユニオンを彷徨って発掘しようかと思います。

コメントを閉じる▲
問答無用でプログレの大傑作。

●Melos / Cervello
評価:★★★★★

メロス(紙ジャケット仕様)メロス(紙ジャケット仕様)
チェルヴェッロ

BMG JAPAN 2005-12-21
売り上げランキング : 93003
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



こんなアルバムが30年以上前に出来ていたなんて、信じられません。
1973年製作。
イタリアの、いや、プログレ全体を見ても
間違いなく傑作の一枚。

神話をモチーフに、ズバ抜けた演奏力を武器に
呪術的且つ叙情的な爆裂ジャズロックが炸裂します。

壮絶なギターに、リコーダーやサックスがぐいぐいと絡み、
変拍子やらなにやらと、
徹底的に作りこまれた展開を紡ぎ出します。


惜しむらくはこれ一枚きりで
消え去ってしまっていること。
まさに幻のバンド。
でも、とにかくすげえ


追記を閉じる▲

【2007/08/25 01:07】 | プログレ
トラックバック(0) |
<%-- アクセス解析ここから --%> <%-- アクセス解析ここまで --%> <%-- Amazon 商品プレビュースクリプト追加:ここから --%> <%-- Amazon 商品プレビュースクリプト追加:ここまで --%>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。